PasswordLifetime

目次

はじめに

PasswordLifetimeプラグインは、MTユーザのログイン・パスワードの有効期限を設定するプラグインです。有効期限が切れた場合、強制的にパスワード再設定画面へと切り替わり、ユーザはパスワード変更以外の操作ができない状態となります。

有効期限が近づいたユーザは、画面上部にそれを知らせる通知が表示されます。デフォルトでは有効期限の14日前から表示されます。

対応バージョン

  • Movable Type 7.0
  • Movable Type 6.2 / 6.3

インストール

プラグインのアーカイブファイルを展開すると、以下のディレクトリが作成されます。

PasswordLifetime
├── README.html
├── docs
└── plugins
    └── PasswordLifetime
        ├── PasswordLifetime.pl
        ├── lib
        └── tmpl

「PasswordLifetime/plugins/PasswordLifetime」ディレクトリをMTのプラグインディレクトリへコピーしてください。

プラグイン設定画面にPasswordLifetimeが表示されていれば、インストールは完了です。

使い方

システムプラグイン設定画面を開き、「パスワード有効期限」を有効にします。

その他以下の設定項目があります。必要に応じて変更してください。

期限
パスワードの有効期限を日数で設定します。
設定保存時に全てのユーザのパスワードを有効期限切れにします
チェックを付けると、有効期限切れを待たずに、全てのユーザのパスワード変更を強制することができます。
設定保存時に全てのユーザのパスワード有効期限を強制的に次の日付に設定します
チェックを付け、日付を設定すると、指定した日までに全てのユーザにパスワード変更を行わせることができます。
通知
パスワード有効期限切れが近づいていることを知らせる通知を、表示し始める残りの日数を設定します。
除外
チェックをつけると、システム管理者権限を持つユーザは、パスワード有効期限切れとなりません。
パスワード再設定画面の説明文
ここで設定した文言がパスワード再設定画面の上部に表示されます。

パスワード再設定画面

パスワードの有効期限が切れた場合、以下の画面が表示され、その他の操作ができない状態となります。

有効期限が近づいた場合

パスワード有効期限が近づいた場合、以下の通知が画面上部に表示され、パスワード変更を促されます。

更新履歴

  • [2018-09-13 v1.1]
    • Movable Type 7.0対応版をリリース
  • [2018-01-30 v1.01]
    • 最初のリリース

このプラグインの利用、及び著作権や保証について

このプラグインの著作権は株式会社COLSISが所有しています。著作権者の許可なく本プラグインを使用、改変、再配布することはできません。