SmartClearCDNCache

目次

はじめに

SmartClearCDNCacheを利用することで、サーバー配信先がCDNを利用している場合にサーバー配信と同時にCDNのキャッシュクリアを実行することができます。

主な機能

・サイト単位、子サイト単位でCDNのキャッシュクリア設定を行うことができます。

使い方

プラグインを有効にする

  1. サイドメニューから[設定]-[プラグイン]を選択します
  2. [SmartClearCDNCache]をクリックして設定画面を開きます
  3. [このブログでこのプラグインを有効にします]にチェックを入れます
  4. [CDNサービスを選択]で対象となるCDNを選択し、[変更を保存]をクリックします
    cdn.png

CDNの情報を登録する

再度プラグイン設定画面を開き、使用しているCDNサービスの情報を入力します。対応CDNと各入力項目は以下の通りです。

・AWS CloudFront
AWSアクセスキーID
AWSシークレットアクセスキー
CloudFrontディストリビューションID
CloudFrontキャッシュクリア対象パス
・Google Cloud CDN
GoogleクライアントID
Googleクライアントシークレット
Google Cloud API 認証コード
Google Cloud API アクセストークン
Google Cloud API リフレッシュトークン
Google Project ID
Google CDN 設定名
Google Clooud CDNキャッシュクリア対象パス
・Alibaba Cloud CDN
Alibabaアクセスキー
Alibabaシークレットキー
CDN対象ドメイン名
CDNキャッシュクリア対象パス
・Microsoft Azure CDN
AWSアクセスキーID
Azure クライアントID
Azure クライアントシークレット
Azure サブスクリプションID
Azure テナントID
Azure リソースグループ名
Azure プロファイル名
Azure CDN名
Azure Invalidation path
・Akamai CDN
Akamai アクセストークン
Akamai クライアントトークン
Akamai クライアントシークレット
Akamai APIホスト
Akamaiキャッシュクリア対象CPCode
※AkamaiCDNのみキャッシュクリアの対象パスを指定することができません。