CrossContentSearch

目次

はじめに

CrossContentSearchを利用することで、ウェブサイト・サイト・子サイトのコンテンツデータを横断したテキスト検索を行うことが可能となります。

主な機能

  • サイト、子サイトを横断したコンテンツデータの検索を行うことができます。
  • システムメニューで利用する場合には、複数のサイト(子サイト含む)を横断した検索を行うことができます。

使い方

プラグインを有効にする

SmartSync Packパッケージをインストールすると、自動的に左メニューに[コンテンツ横断検索]メニューが表示されます。プラグイン設定を行う必要はありません。

権限を設定する

コンテンツ横断検索を使用できるユーザーは、「コンテンツデータの管理」権限を付与されているユーザーのみとなります。
また、システムメニューで利用する場合にはシステム管理者権限が必要となります。

検索を実行する

検索を実行したいサイト・子サイトの左メニューから [ツール]-[コンテンツ横断検索] を開き、検索ボックスにテキストを入力して[検索]をクリックします。[大文字/小文字を区別する]にチェックを入れると、大文字小文字を判別して検索を実行することができます。

search.png

検索を実行する

検索対象となるフィールドは、コンテンツデータの下記フィールドとなります。

  • テキスト
  • テキスト(複数行)
  • 数値
  • URL
  • セレクトボックス
  • ラジオボタン
  • チェックボックス
  • 埋め込みテキスト
  • リスト
  • テーブル
  • プレーンテキスト

システムメニューで使用する

システムメニューで使用する場合も左メニューの[ツール]-[コンテンツ横断検索] から検索を実行することができます。

system.png